50歳女 家族葬に参列して考えさせられたこと

私は50代を迎えた主婦ですが、最近気になるのが高齢の両親のこと。70代後半になる両親はまだまだ元気ですが、先日姉の夫、つまり私にとっては義兄が亡くなり、葬儀の際に考えさせられることがありました。それは葬儀の形式について。一言で葬儀と言っても現在では様々な形式がありますが、義兄の葬儀は家族葬でした。今まで少なくても数十人、多い時には200人も参列するような一般的な葬儀にしか参列したことがなかったので、家族葬は初めてでした。この家族葬に参列したのは、家族と親族だけで20人ほど。温かみがある雰囲気の中、ゆっくりとお別れをすることができた葬儀になりました。
姉に「何故家族葬を選んだのか」を聞くと、生前の本人の希望だったそう。義兄は長く入院生活を送っており、自分の死期を把握していたこともあって、どのような形で最期を迎えたいか、どのような葬儀で見送ってほしいかについて、家族に詳しい希望を伝えていたそうです。しばらく仕事仲間やご近所との付き合いを絶っていることもあり、最期は本当に親しい人だけに見送ってもらいたいと話していたとのこと。また生前、義兄は自分の父親の葬儀の際に喪主となり、悲しむ暇もないくらい慌ただしく葬儀を執り行った経験があり、妻にそんな思いはさせたくないと家族葬を考えたそうです。残す家族に負担をかけたくないという思いから、葬儀にかかる費用面でもかなり抑えることができるのも、家族葬を選択するポイントになったようです。
この家族葬への参列を経験して、自分自身はもちろんですが、高齢の父母が自分の葬儀にどのような希望を持っているのかについて知っておく必要性を感じ、現在両親にエンディングノートを書いてもらっているところです。「縁起が悪い」「そんなことは考えたくない」「そのうちに」ではなく、残りの人生を前向きに生きるためにも、残される家族のためにも、葬儀の形式については考えるべきだと感じています。