60歳    高齢で死去した祖母の葬儀は「家族葬」で行いました、 

高齢で死去した祖母の葬儀は「家族葬」で行いました、 

90歳近くになった祖母を無くして「家族葬」の葬儀を行いました。
葬儀の手順としては、亡くなった病院で医師の死亡診断をうけてから、其の晩は遺体を自宅まで運んで、自宅で仮通夜を行ないました。 その間に葬儀に関する色々なことを取り決めましたが、まずは身近な人への連絡と同時に、市役所へ死亡の通知(死亡届)と火葬場の日にち、時間の手配、其れに当然葬儀社への葬儀準備の手配、費用と葬儀場の手配、など行いました。 葬儀社は加入している農協関係のところであり費用も安く抑えられ、葬儀場は葬儀社の提携している所で近所のところに有ったことで幸いしました。

次には、お坊さんやお寺の手配ですが、我が家では先祖伝来のお寺は東北の田舎に菩提寺がありますので、地元の同じ宗派の僧侶を手配しましたが、その際、本通夜と本葬儀のさ際の読経をおねがいしたのです。 その後、仮通夜から本通夜、本葬儀、其れに火葬場までと、一連の流れで一周忌までを合せて行いました。

ところで、葬儀と告別式についてですが始めは、一般葬もなども考えましたが、葬議場の係員の話だと、やはり金額的には家族単位になって小規模のなるため、金額的には人数によってきまりますがやはり低予算でできるということです。 ただ、祭壇やお飾りについても実際に世間で言われているようにそんなに差異は無いといわれますし、結局は低予算で行える一応は「家族葬」と言う形にしました。 その後、一週間ほど過ぎて檀家寺である地元のお寺に、僧侶にお経を詠んでもらいながら、代々の墓地へ埋葬しました。

尚、我が家では「家族葬」という形で行いましたが、一般には葬儀は故人の友人や其の知人と最後のお別れをする儀式のことで、そして葬儀に続いて会葬者の人々が全員で火葬場まで見送るものでした。 しかし、今時では会葬者が火葬場までは行かないようになり、葬式と告別式がほぼ同時に行なわれますから、参列者は本葬儀に参加することが多くなっているようです。

ところで、現在の通夜や葬儀の形式についてですが、当方で行った家族や身内を中心に行った家族葬、即ち、密葬のような形式の他にも、世間で普通一般に行なわれるのは一般葬、そのほかにも偉い方や有名人などの特別葬、例えば市民葬や会社葬、などの特殊な葬儀も有るようです。