40歳 男性 家族葬に満足しています。

兵庫県在住の40歳の男です。今は介護職員をしています。
祖父、祖母の時に家族葬を行いました。

家族葬は安くで済むという点でよいと思います。
安かろう悪かろう、かもしれない、という気持ちがありましたが、そうではなかったので、私の母も私も家族葬にすると思います。

おそらく家族葬儀屋さんも競合がいるので、マナーなどをしっかり教えているんではないかと思います。
火葬場の方もきちんとたおやかに動かれておられました。

私は神戸在住ですが、祖父祖母は三重にいて、叔父叔母が面倒を見て下さっていました。

その三重の葬儀屋さんがどういう教育をしているのか、霊柩車の中で運転手さんに聞いてみましたが、社員に礼儀礼節、マナーなどはきっちり教えているとの事、残念なのは社員本人に自覚がないとか響かないなど浸透していない現状はあるとの事でした。

しかし祖父祖母の2回の葬儀で目立った点はありませんでした。

前職の管理者もガンで亡くなりましたが、その時の家族葬もきっちりしていて、葬儀に参列した私からも気になった点はありませんでした。

 父の時に大きな葬儀屋さんに頼んで兵庫県で葬儀を行いました。
その時は父の職場の方の予想をはるかに超える人数の方が葬儀に来て下さり亡父の業績や人望に感動しました。

 しかし、葬儀屋さんとのやり取りで少し、「そうするんだ。」とがっかりしてしまった点は霊柩車に父の遺体を運ぶ際に写真をどうするか、という事をスタッフの人に周知していなくすこし段取りがちぐはぐしてしまった時に、葬儀屋さんの上司が部下に叱責するシーンがありました。

 そこは無言で指示するなどして葬儀が終わってから言えばよいと感じました。そういう事もマナーとして特に葬儀は不幸事なので控える教育をして頂けたらな、と思いました。

人生の大きな転機、イベントでいうと結婚式もあります。
結婚式は祝い事なので少しぐらいの失敗やおふざけは許されますが、不幸事の葬儀では、不謹慎な行動をとってしまうと非常にマイナスイメージを与えてしまう事になりますのでよくよく気を付けた方がよいと思います。

亡き人を弔う気持ちを持って葬儀に臨めばよいと思います。
言葉にできなくても姿勢をみせればいいと思います。
父の葬儀の時に職場の同僚の方が私たち遺族に言葉をかけようとされた時に何度も言葉を発しようとされたのですが、嗚咽で何も言う事が出来なかった方がいらっしゃいました。

私にはその姿が亡き父を非常に慕ってくれていた事が伝わり涙が流れ落ちました。

 葬儀が始まる前に何宗かは確かめて一応の礼儀作法は抑えておいて下さい。

今はネットで調べられますしね。

総じて私は家族葬に満足しています。