30代女性、父の叔母の家族葬ーカラオケのフレーズが今でも

Rika、30代女性です。今日は数年前に父の叔母が亡くなった時の家族葬について書きたいと思います。
そのおばさんとはあまり面識はなかったのですが、幼いころの彼女のイメージは、働き者で男勝りなカッコいい人、という感じでした。彼女が体調を崩して入院したとき、ぞのイメージが崩れる感じに衰えていて、かわいそうだなと思ったのが最期です。今思えば、もう少し会っておけばよかったなあ、と思います。
入院して、たった数か月で亡くなってしまいました。人の命はあっけないな、と哀しくなったのを覚えています。
彼女の葬儀は最近ポピュラーな家族葬でした。山奥の会館を借りて、近い家族だけを呼んだこじんまりとしたものでした。
お葬式の当日、まず聞こえてきたのが、そのおばさんのカラオケの声でした。初めは、葬儀会場から流れてきている音だとは思わずに、何かの宣伝が聞こえているのかと思っていました。それくらい、音程がズレているので、思わず笑ってしまいました。このおばさん、カラオケが趣味で、よくお酒を飲んでは歌っていたみたいです。葬儀会場で不謹慎かもしれませんが、愉快な気持ちになりました。
会場の中には、おばさんが好きだった歌手の曲が流れていました。また、昔の写真がプロジェクターで流されていました。いい意味で、あまりお葬式らしくなかったのを覚えています。そこにいるみんなが昔話をして懐かしんだり、思い出を語り合ってなごやかな雰囲気でした。
そして終始、おばさんの調子っぱずれのカラオケの歌が聞こえていました。一番よくかかっていた「カサブランカ・グッバイ」が今も頭によぎることがあります。思い出すと、この人の人生は悪くなかったんだろうな、と変に思います。
この家族葬は、生前彼女が用意したものか、家族が準備したものかは分かりません。でも、昔ながらの葬儀よりもずっと心に残ったと感じます。お葬式をするなら家族葬がいい、と思っている方は、ぜひ事前に家族と話し合って、自分らしい最期の計画をしてみるのはどうでしょうか。印象に残ること間違いなしだと思います。